第一印象を決める!?履歴書の写真の撮り方

顔まわりをすっきりとさせる

履歴書には必ず写真を貼る箇所がありますが、どのような撮り方をすると相手に好印象を与えることが出来るのでしょうか。
まずは、顔まわりをすっきりとさせることが大切です。髪が長い方は耳を出してしっかりと束ねたり、前髪が厚ぼったい方は少しだけでもおでこを見せるようにした方が好感度をアップさせることが出来ます。また、職種や雇用形態にもよりますが、あまりにも奇抜な髪色や髪形は止めた方が安心です。
さらに、相手に清潔感を与えるような服装を心がけるようにしましょう。顔と一緒に上半身の一部が写ることになりますので、すっきろとした襟元のシャツやスーツなどを着用するとより良い印象を与えることが出来るはずです。ヨレヨレの服ではいけません。

写真館でプロに撮影して貰う

続いて、時間がなければ簡単に撮影する事が出来るスピード写真でも構いませんが、できれば写真館に足を運びプロに撮影して貰うようにしましょう。やはり写真の質感や写り方に違いが出てしまいますので、どのような場所で撮影したのかということは何となく分かってしまいます。
また、基本的にデジタル撮影であることが多いので、自分が好きなショットを自由に選ぶことが出来たり、少しだけ色などを補正して貰うことも出来てしまうのです。スピード写真よりは値段が高いのが常ですが、総合的に考えるとお得だと言えるでしょう。
写真館のシステムにもよりますが、一定期間はデータを保管してくれますので、自分が好きなショットを何度でも焼き増しすることが可能です。