髪型にスーツ!就職活動における身だしなみのポイント

髪は目や耳にかからないように注意

就職活動で満足いく結果を得るためには、志望動機や自己PRが大切なのは言うまでもありませんが、これと同じくらい大切なのが身だしなみです。まず、髪型ですが、前髪は目にかからないようにしましょう。目に髪の毛がかかると、面接官に暗い印象を与えてしまいます。眉毛のあたりで切りそろえるか、女性であれば、ヘアピンでとめるなどして、おでこを出した方が、明るい印象を与えます。横髪は、男性であれば耳にかからないように注意しましょう。耳にかかっていると、だらしない印象を与えてしまうので注意が必要です。また、面接会場に入る前には鏡で髪をチェックしましょう。寝ぐせは言うまでもありませんが、風などで髪が乱れたままだと、やはり印象は良くありませんので、必ず髪型を整えてから会場に入るよう心掛けましょう。

スーツは折り目、シャツは首回りに注意

次に服装について。スーツの色は紺かグレーが無難ですが、色はそこまで問題ではありません。気をつけなければいけないのは、折り目です。スーツにシワがよっていると、それだけでかなり印象は悪くなります。面接の度にクリーニングに出すのは大変ですが、上着はきちんとハンガーにかけ、最低でもパンツだけはプレスをかけて、折り目をきちんとつけておきましょう。次にワイシャツで気をつけたいのが首回りです。首回りに隙間があるととても目立つので、きちんとサイズを測って、フィットしたものを購入しましょう。最後に靴について。意外かもしれませんが、靴を見ている面接官は多いです。小まめに手入れを行ない、汚れを落としておきましょう。就職活動では髪型も服装も清潔感があることが大事です。きちんと準備して、就職活動に臨みましょう。